認知症ケア研修★「アルツハイマーと糖尿病」

2016.06.20 Monday セミナー・研修

6月17日(金)、サンタハウス弘前7号館1階研修室で、認知症に関する研修が開かれ、28名の職員が参加しました。
講師は、職員総合教育研修室の室長、柳田一男さん。
今回の研修では、近年明らかにされてきた、アルツハイマーと糖尿病との関係についての研究が紹介されました。
室長:柳田一男
アルツハイマーと糖尿病?
全然別の病気だと思っていましたが、二つの病気は互いに関係しているようです。
最近では、アルツハイマーを「脳の糖尿病」と呼ぶこともあると聞きました。

糖尿病になることで、認知症の症状がさらに進展することもあるようです。
糖尿病予防を視野に入れたケアが、認知症予防にも繋がるというお話しに、ケアを担当する介護職員は真剣に耳を傾けていました。

二つの病気を結ぶ鍵は、インスリンです。
※インスリン…血糖値を下げる働きをするホルモン

肥満や、糖の取り過ぎによって血中のインスリンが増えすぎると、インスリンが働きすぎないように「インスリン受容体」が減ります。
インスリンの働きが弱くなる(=インスリン抵抗性が高い)と、血液中の糖は増え、糖尿病になってしまいます。
同時に脳のインスリンも減少します。

一方、アルツハイマーの元凶の一つに、アミロイドβというたんぱく質が脳の神経細胞を壊すため、ということが知られています。
※アミロイドβ……脳神経細胞の老廃物で蓄積が続くと脳神経細胞先端部を傷つける物質
インスリンは、アミロイドβというタンパク質を抑える働きがあります。
しかし糖尿病になって脳のインスリンが減ると、アミロイドβがどんどんたまって、やがて認知症を発症します。
つまり、糖尿病の発症に関わるインスリン抵抗性が、認知症の発症にも関わっていることになります。

そこで、脳に直接インスリンを送り込む治療法が試験的に行なわれているようです。
研究が進んで、治療法が確立されると良いですね。
28名参加
認知症が悪化しないようにするために、糖尿病予防をするという新しい知識を今後のケアに活かせるようにしたいですね。
私も、血糖値が高くなりすぎないように、食事に気をつけたり、適度に運動したりしようと思いました。

新人研修★介護技術研修「移乗介助」

2016.06.14 Tuesday セミナー・研修

6月13日(月)、新人職員を対象とした介護技術研修が行われました。
この日の研修は、前回(4月25日)行われた「介護技術の基本」に続く応用編で、前回の基礎ができているかテストを兼ねて、一人ひとりの介護技術をチェックしていきました。

講師は、短期入所生活介護サンタハウス弘前の加藤佳孝介護課長と、介護老人保健施設サンタハウス弘前の菊田健ユニットリーダーです。
前回行った、利用者様を移乗する時には腕や足をたたみ小さくする、介助者はてこの原理を使う、など基本的な体の使い方のほか、「ごはん食べに行くので起きますよ」「めまいはありませんか」などの気配り心配りができるか、というところまでチェックしました。
ベッドから車椅子へ、利用者様を移乗します。
テスト中
・高い所から低い所へ移乗させる方が楽なので、ベッドを車椅子より少し、高くします。
・利用者様に、今移動するところを目で確認してもらいます。利用者様の残っている機能を必ず活用して、できる人は車椅子に手をかけてもらいます。
ボディメカニクス を使って、利用者様にも職員自身にも負担が少なくなるように移乗を行います。
・起こした時にめまいがないか確認します。言葉が言えない人は、眼球が細かく動いているのでそれで判断します。

チェックポイントはもっとたくさんありましたが、
加藤さん
「技術は、毎日利用者様に触れてできるようになっていくしかない。今日注意されたことを現場で活かしてください」と加藤介護課長。

菊田さん
菊田リーダーからは、「利用者様は何をされるかわからない、不安でいっぱいです。声掛けや体調の確認は忘れないでください」とアドバイスがありました。

気配りは中堅職員でもついつい怠ってしまう部分だそうです。
どこができたか、できていないか、先輩にチェックしてもらうことで正しい介助を学ぶことができました。

★認知症ケア研修★「高齢者虐待防止と身体拘束について」

2016.06.03 Friday セミナー・研修

6月2日(木)、全職員対象の認知症ケア研修会が開かれました。
講師は、職員総合教育研修室 認知症担当であり、介護老人保健施設サンタハウス弘前 介護課長の黒瀧愛未さんです。

黒瀧さん
最近なにかと話題になっている高齢者虐待ですが、虐待を受けた方のうち、8割以上が認知症患者です。
なぜ虐待に至ったのか、という問題の多くは、
・認知症のことを良く知らなかったので適切な対処ができなかった
・1人だけで介護しておりストレスを抱え込んでいる
という原因があります。

身体拘束については、入居者様の生命・身体保護のため緊急やむをえない場合を除き、禁止されています。
身体拘束はやむをえず行う場合の例を教えていただきました。
鼻にチューブをつけているが自分で抜いてしまう危険があるという利用者様に対して、職員の見守りが常にできる状態ではない場合。
家族と本人に同意を得て、○時〜○時の間、手にミトンを付けると明言し、毎日記録もつけます。
拘束に至る前には様々な対策について家族と話し合います。


さて、不適切なケアの段階で気づき、改めるためにも、介護職員一人ひとりが抱えるストレスをどのように軽くさせるか、考えてみました。
演習はグループワークで行われました。

事例〜不穏な方への対応〜
認知症がある利用者様が、昼食後徘徊するようになりました。話をしようにも意思疎通が難しく、利用者様の背景がつかめません。落ち着くまでにもかなりの時間がかかるため、利用者様が歩き始めるとスタッフが「またか…」と思うようになり、そのような気持ちが態度にも出てくるようになってきました。


今まさに、徘徊する入居者様の対処にストレスを抱えている職員の話を聞くことができました。
「その人が視界に入るとイライラするようになってきたし、僕では対処が難しいと思ったので、一時的に他の職員に変わってもらうようにしました」
ベテラン介護職員から実際の対処法を伺うと
徘徊に至る前に、テレビをつけたり、その人が興味を持つ会話をするなど、注意を引いているそうです。
興味を持つ話題とは例えば、その人が一番輝いていた当時の話や、持っている趣味・知識の話題をふって話させるのだそうです。
職員に余裕がある時は、その人が満足するまで一緒に歩いたり、本当に車に乗せて5分くらい走って戻ってくることもできますが、外に出られない時の方が多いので、まずは徘徊に至らないよう話を聞いて、帰宅願望があるのなら、一緒に帰る方法を考えるとか、本人が納得するようにしているそうです。
参加者
ずっと1対1で関わっているとストレスが溜まります。
・認知症の正しい知識を得て対処方法を知ること
・チームでケアをし負担を減らすこと
など、対処法があげられました。
もともと介護の仕事はやりがいを感じている人が多い仕事です。
今日の研修のようにお互いに話し合う場があることで、また向き合ってがんばってみよう、と思った職員もいたのではないでしょうか。

★感染症対策研修★花王

2016.06.01 Wednesday セミナー・研修

5月31日(火)、感染症対策研修「介護・医療施設における感染対策」が開かれました。
サンタハウス弘前の各事業所から、約70名の職員が参加しました。

講師は、花王プロフェッショナル・サービス株式会社より、学術部・学術情報グループ
感染管理認定看護師の印田宏子様。感染に関する研究を多数されている先生です。
印田宏子氏
感染予防の基本は「持ち込まない、持ち出さない、広げない」ことです。重要な対策は、
普段から行う標準予防策と、
感染が疑われた時に加えて行う感染経路別予防策の2段階の予防策をとります。

標準予防策とは…
血液、体液、分泌液、排泄物、傷のある皮膚、粘膜には病原性微生物が存在しているかもしれない、全て感染源があるかもしれない、と考えて行う対策です。
手指衛生から始まり、手袋・マスクなどの防護具をつけるなど普段行っている予防になります。


手指衛生といえば、手洗いです。
感染経路のほとんどがこの手洗いで遮断できます。
毎日のことなのでわかりきっていることですが、何度も確認しましょう。
手順にも意味があります。
流水で手をぬらす→洗浄剤をあわだて15秒以上こする→流水で十分にすすぐ→ペーパータオルで叩くように拭きとる。
ぬらすまえに石けんを手に取る人がいますが、これは良くないです。
水でぬらすことで隠れていた菌がうきあがってくるからです。これをしっかり洗い流す必要があります。
また、水だけの手洗いは、ぬらすことでうきあがってきた菌がその後増殖するので、かえって良くないことがわかります。

手洗いの後は擦式アルコールを手に擦り込みます。
入居者様の介助をしている最中に頻繁に手洗いはできませんので、擦式アルコールの場面が大変多いことに気が付くと思います。
花王製品には水溶性・ジェル式のアルコール製剤がありますので、その場面に適した使いやすいものを利用します。

手のケアも勧められました。
バリア機能が低下しているとそこに感染してしまうため、手荒れ予防も大切な予防策です。
擦式アルコール製剤の隣にハンドローションを置いてある施設もあるそうですよ。
職員約70名参加
そのほか、環境整備としてよく触れる所は一日に何度もふき取ることがあげられました。
消毒してもすぐに菌が元の数に戻ってしまうというグラフは、個人的にちょっと衝撃的でした。日頃のお掃除は本当に大切ですね〜…
手洗いや菌の広がる様子を現わした動画なども見ることができ、わかりやすく予防策について教えていただきました。
リスクの高い職場ですので、入居者様を守るということは自分の健康を守ることでもあります。
日常の感染対策を行うことで、流行に備えましょう!

印田様、ありがとうございました。

★新入職員対象★「認知症研修」

2016.05.13 Friday セミナー・研修

新人事務職員Sが研修の様子をレポートします★

5月12日(木)、新入職員対象の「認知症ケア研修」に参加しました。
今年4月に入職した新人職員12名が一緒に学びました。
講師3人
講師は介護老人保健施設サンタハウス弘前の1階専門棟リーダー 板垣さん(写真中央)、
同じく、老健介護課長 黒瀧さん(写真右)、黒瀧さんは職員総合教育研修室という職員教育に関する部門の、認知症ケア担当者でもあります。
講師補佐は、同じく老健2階専門棟リーダー 佐藤さん(写真左)です。

まず「認知症とは何か」という話から始まりました。
認知症は脳の病気によって起こる病気です。
よく聞かれるアルツハイマー型のほか、レビー小体というたんぱく質が原因になって起こるものなど、認知症にも種類があると知りました。

また、認知症の物忘れは普通の忘れっぽさとは違います。
「あれをどこに置いたっけな」と置き場所を忘れることは、誰でもありうる老化現象で、認知症ではないそうです。 認知症の物忘れは、置いたという行動そのものを忘れてしまうことだそうです。

質問コーナーでは、実際に認知症の方のケアにあたった新人から、相談がぶつけられました。
質問コーナーで
「ある人が服を何枚も何枚も着て困っているのですが、どうすればいいでしょうか」
「どうして何枚も服を着るんですかって聞いてみたらどうかな。質問してみたら、案外解決することも多いよ」
え?質問してもいいの?という意外な回答にホッとしたようです。

最後に黒瀧さんが、実行機能障害という認知症の症状について、ご飯を炊くという例を出して説明していただきました。実行機能障害とは、段取りがうまく取れなくなる症状のこと。
実行機能障害について説明する黒瀧氏
ご飯を炊くときに、水を入れるという手順を忘れてしまう人がいます。そのまま炊くと、ご飯が焦げてしまいますね。
では、この人はご飯を炊くことが全く出来なくなったのでしょうか。

ここで見方を変えてみましょう。
水を入れる以外の、カップで米を計量するとか、米を研ぐとか、炊飯のスイッチを押すとかの手順は忘れずに出来ていたんです。

認知症の方の「出来なかったこと」は、その人の「出来ること」を積み重ねた結果です。
それを「どうしてそんなことも出来ないの」と叱りつけるのは適切なケアではないと黒瀧さんは言っていました。
抜け落ちてしまった必要な手順をフォローして、認知症の方の「出来ること」が活きるよう手助けすることが大切なんだと気づきました。

★新入職員1ヶ月目研修★

2016.05.11 Wednesday セミナー・研修

5月11日(水)、新入職員1ヶ月目研修が行われました。
この4月に入職したばかりの新卒職員13名が参加し、この1ヶ月、働いてみて出てきた悩みや不安について話し合いました。

アドバイザーは職員総合教育研修室のスタッフです。
室長の柳田一男氏を中心に、いくつかのテーブルに分かれてグループワークを行いました。
柳田さん
「なかなか先輩職員と仲良くなれない」
「仕事を教えてほしいと頼んで会話のきっかけにすればどう?」
と、新入職員同士で意見を出し合いました。
グループワーク
「読みやすい記録を取るのが苦手で…」
新入職員だけで解決策が出ないものは、
「長々と書くと読みにくいから、要点をしっかり押さえてから書けばいいよ」
と、研修室スタッフがアドバイスしました。

うまくいかないなぁ、と悩んでいた気持ちが、少しは軽くなったでしょうか?
わきあいあいと話し合いが行われ、ほっとするような顔も見られました。

最後に、一人ひとりの職員が1年後、3年後、さらにその先の目標を発表しました。
「後輩に憧れられる自分」
「自分で考えながら率先して行動できる自分」
「職員からも利用者様からも信頼される自分」
など、一人ひとりが目指す姿が見えてきました。
希望をもって仕事をしよう!という姿勢がまぶしいです!がんばれ!

★新人研修「移動介助の基本について」★

2016.04.26 Tuesday セミナー・研修

4月25日(月)、サンタハウス弘前7号館1階研修室にて、新入職員対象研修「移動介助の基本について」を行い、事務職員や栄養士も含めた新入職員12名が参加しました。

講師は、職員総合研修室・介護技術担当兼 短期入所生活介護サンタハウス弘前介護課長の
加藤佳孝です。(写真中央右)
説明する加藤さん
ベッドで横になっている入居者様を楽に移動させるための基本的なテクニックとして、水平移動や体位変換のしかたを教わりました。
参加者はペアを組み、ケアをする側と受ける側を交代で行いました。

ひざを折ると姿勢を変えやすい腕を組み膝を折ってもらうと、
姿勢が変えやすくなります。


抱き起し顔を近づけて深く抱き込み、
足腰を使うと楽に座位に移れます。


引き起こし無理に立たせず、
入居者様が立ちやすいような姿勢を作ります。


職員自身が実際にベッドで横になり移動介助を受けてみることで、介助を受けているときの入居者様の状態を経験することができました。

移動介助はあくまでもサポート。
職員が自分のペースで行うのではなく、入居者様の呼吸に合わせて介助します。
急に自分の身体を動かされると、ビックリしますよね。
介助するまえにそのつど「身体を起こしますね」「足をおろしますね」などと声をかけると、入居者様も心の準備ができます。

今回の研修は、基本技術を学べるとともに、入居者様の気持ちに寄り添って仕事をするためにも役に立つものでした。

★新人研修「おむつの当て方」★

2016.04.22 Friday セミナー・研修

4月22日(金)、新人職員向けの介護技術向上研修として、「おむつの当て方」研修を行いました。
新人職員を中心に13名が参加しました。

講師はユニ・チャーム株式会社より、ライフリーケアアドバイザーの蛯名桂子さん。
ユニ・チャーム蛯名さん
サンタハウス弘前でも使われているこの紙おむつで、正しい装着方法などを学びました。

おむつに関する一番の悩みは、なんといってもモレること。
モレの原因は様々ありますが、多くは、おむつ選びと当て方を変えれば改善されるものだそうです。

まずはおむつと吸水パッドを触ってみて、ゴムの伸びや表面の加工にどのような工夫がほどこされているか、確かめてみました。
ノビを確認
ちょっとシュールな絵ですが、初めて触る感触は悪くなかったようです!
次は、人形を使って普段のやり方でおむつを装着し、モレがどのように起こるのか実験してみました。
特性を知った上でおむつ装着排泄の様子を見てみましょう
ビニールの管が尿管です。青い水を流してみると…
側臥位になったとたんにモレました。モレたところを見てみると、しわが寄ってすきま(段差)ができたためにきちんとキャッチできてなかったことがわかりました。

最期に蛯名さんより正しいおむつの当て方を学び、ペアを組んでおむつを装着してみました。
お互い教え合ってわいわいただしいやり方で装着★
正しく装着すると不快な思いがぐっと減ります。自分でおむつを当ててみて実感が湧いたようです。

排泄に関する介護は、一日の中で最も回数の多い、デリケートなケアです。
今回は現場の介護職員だけでなく、栄養士、事務職員なども参加しましたが、現場の仕事のことを知り、「おむつされるってこんな感じなんだね…」という声も聞かれ、入居者様の気持ちを汲むことができた様子でした。

★第一生命保険株式会社によるビジネスマナー研修★

2016.04.16 Saturday セミナー・研修

4月14日(木)、ビジネスマナー研修を行い、新入職員を中心に19名が参加しました。
大下内幸世さん
本研修は今年で3回目。
講師は去年に引き続き、第一生命保険株式会社青森支社より大下内幸世マナーインストラクターにお越しいただきました
研修の冒頭では、『なぜマナーが必要なのか』という基本的なところについて参加者同士で話し合い、自分たちの意見をホワイトボードに書き出しました。
大下内さんはこれをまとめて、マナーは「相手に対する思いやりの心」の表れであると教えてくださりました。

『人の話を聞くときにはどのようにしているか』という話のときには、「相づちを打っている」、「相手の方に顔を向ける」、「表情をつける」などの意見が出ました。
では、ひとつ実験をしてみましょう。
「相づちを打たず」、「相手の方に顔を向けず」、「表情をつけず」話を聞いてみるとどうなるでしょうか。

前半の1分は、何も反応を示さないまま相手の話を聞きます。
後半の1分は、いつも通りのしかたで話を聞きます。
前半では時間がたつのが遅く感じましたが、後半では時間があっという間に過ぎました。
聞き手の思いやりひとつで、話すほうの気持ちが楽になりますね。
楽しく話す
ふだん話をする時には、私たちは自然に相づちを打ったり、表情を見せたりしています。
今回「実験」としてリアクションをしないでみると、自分たちが気づかないうちにしている思いやりに気づくことができました。
自分の中に元々あった「相手に対する思いやりの心」をさらに大きく育ててゆこう!と思いました。

他にも、礼の練習をしたり、具体的な状況を想定して敬語を練習したりするなど、実践的な内容が多く、すぐに仕事に活かすことのできる研修でした。
30度おじぎ

★新人研修 感染症防止★

2016.04.08 Friday セミナー・研修

4月8日(金)、サンタハウス弘前7号館1階研修室で「感染症防止研修」が行なわれ、新採用職員14名が参加しました。

講師は、職員総合教育研修室の柳田一男室長です。
感染症防止研修
感染を防ぐための基本は手洗いです。
手洗いの正しいやり方を、スライドと動画で詳しく説明していただきました。

水と石けんで汚れを洗い流した後、アルコールで消毒します。
手袋をつけて作業したあとであっても、必ず手洗いを行います。
感染予防をふだんから行うことの大切さを教わりました。

一生懸命メモをとる新人職員の姿が見られました。

カウンター

無料カウンター
無料アクセスカウンター
アクセスカウンター
有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
at-counter.net
無修正DVDクレジットカードウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて

Search

Links