「ひろさきセカンドライフセミナー」に参加してきました。

2018.12.21 Friday 社会福祉法人 弘前豊徳会

12月14日(金)、東京都内にて、弘前市への移住に興味がある50歳以上を対象とした「ひろさきセカンドライフセミナー(弘前市主催)」が開催されました。

田舎で暮らそう 弘前市は、人口減少対策及び地域活性化を目的として、50歳以上のアクティブシニアを弘前市に招き入れる「弘前版生涯活躍のまち推進事業」に取り組んでいます。

弘前豊徳会は、その弘前市の取り組みに協力する地域再生推進法人に指定されており、現在弘前公園そばに移住者を受け入れる居住環境モデルとしてサービス付き高齢者向け住宅を工事中です。

今回、セミナーの中でこの住宅について、また弘前豊徳会のこれからの取り組みについて説明する機会を弘前市様よりいただきました。

セミナー会場となったのは東京駅八重洲口近くにある「移住・交流情報ガーデン」。移住についてのあらゆる情報提供と相談に対応する相談窓口です。建物内には日本全国各地の移住に関する資料が展示されています。

セミナーは18時30分開始。師走のいそがしい金曜の夜だというのに、10名の参加者にお越しいただきました(移住関係のセミナーで10人越えの参加は珍しいそうです)。

最初は弘前市職員から、弘前市について説明がありました。
説明会_弘前市役所より その後、弘前豊徳会からの説明。説明を担当したのは経営企画部企画課長の阿保英樹氏。
「みなさんこんばんは! 私の名前が読めますか?」
説明会_弘前豊徳会より  阿保さんが開口一番問いかけると、首をかしげる人がちらほら。

「アボといいます。青森にはよくある苗字ですが、東京に来ると読めない方も多くて、濁点をつけずに呼ばれることもよくあります」と自己紹介すると、参加者からクスクスと笑い声。「今日は飛行機で来ましたが、青森空港に向かう途中で車が故障して吹雪の中立ち往生しました。たどり着けないかと思いましたが、無事みなさんに会えてうれしいです」と続けると、参加者のみなさんの緊張もだいぶほぐれ、リラックスした雰囲気になりました。

弘前豊徳会が工事中のサービス付き高齢者向け住宅について、日本有数の桜の名所、弘前公園のすぐそばの立地であることや、オール電化省エネ住宅であること、100円バスが利用しやすい環境であることなど説明を進めていくと、参加者は興味深く聞いていただきました。
「弘前豊徳会が現在整備中のこの住宅は、弘前というまちの良さを体験するにはうってつけの施設です。まずは2泊3日のお試し居住をご利用してみませんか?」

3月以降に予定している「お試し居住」へのお誘いで、説明はしめくくられました。
その後、ゲストスピーカーの体験談やフリートークが行われ、ひとまずセミナーは終了。残った時間で個別相談が行われると、弘前豊徳会には2組の相談を受けました。

「家賃はどれくらい?」
「体が弱って、違う施設に入る必要が生じたら、スムーズに移れますか?」
「わたしたちはアクティブというよりゆったり過ごしたいけど、そんな人でも入居できますか?」

などの質問が寄せられました。職員の回答にご納得頂けたようで、個別相談にこられたうち、一組様については、お試し居住の予約もいただきました。
個別相談会 今回、弘前豊徳会が参加する初の移住関係セミナーでしたが、参加された方々はみなとても真剣で、かなり本気で移住を考えてらっしゃる方ばかりでした。

これから、完成に向けて大詰めのサービス付き高齢者向け住宅。建物設備だけでなく、ソフト面の整備も進め、より詳細な情報を提供できるようにして、第2弾、第3弾のセミナーに臨みたいと思います。

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

カウンター

無料カウンター
無料アクセスカウンター
アクセスカウンター
有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
at-counter.net
無修正DVDクレジットカードウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて

Search

Links