研修★認知症の心理行動症状への対応

2018.10.16 Tuesday セミナー・研修

10月15日(月)、16日(火)に職員総合研修室にて全職員を対象に「認知症の心理行動症状への対応」の研修が行われました。講師は職員総合教育研修室の柳田一男室長です。

研修_認知症の心理行動症状への対応

前半は「BPSD対応」についての講義、後半は「ユマニチュード」の対応例について映像で学びました。

 

「BPSD」って何でしょう?

 

Behavioral(行動の)and Psychological(心理上の) Symptoms(症状)of Dementia(認知症)

の略で、「行動心理症状」のことです。

具体的には、アルツハイマー型認知症の症状である精神症状や異常な問題行動、抑うつ、自発性低下、妄想、幻覚、徘徊、興奮などを指します。それには段階があり、認知機能の障害の程度と経過年数によって移っていきます。認知症

 

認知症の方を介護するのは大変ですが、認知症の方と介護者の関係や、接する際のポイントを理解することで、今まで手こずっていたこともスムーズにこなせるかもしれません。

 

例えば、認知症の方の側にその要因(認知機能障害度や生活史の個人差、身体的健康度、居住環境など)

がそれぞれあるように、介護する側にもそれぞれ要因(BPSDの理解度、介護者の性格、負担感や肯定感など)があり、それらを満遍なく見渡して理解を深めれば、BPSDが起きた時に原因や対応策を見つけやすくなるのではないでしょうか?

 

【認知症の人に接するポイント】

●自尊心を大切にし、認知症の人が誇りを失わないような言葉かけを

●なるべく認知症の人の話や移行に合わせる

●できることまで手を貸さないようにする

●過去の記憶を大切にしてあげる会話や語りかけを

●一度に2つ以上の事は言わずに、短い言葉で具体的にゆっくり話す

●叱る、禁止する、説得する、は逆効果

 

さらに、ユマニチュードの四つの基本(仝る ∀辰靴ける 触れる のつ)を繰り返し、おだやかに前向きに、行動を制止せず、気持ちに沿って対応できれば理想的ですね。

 

認知症ケアは大変で根気が要ります。

ちょっとしたテクニックをマスターすることで、相手の気持ちを尊重しながら、気持ちよく行動してもらうことも可能です。

少しでも笑顔でいられる時間を増やして欲しいと思います。

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

カウンター

無料カウンター
無料アクセスカウンター
アクセスカウンター
有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
at-counter.net
無修正DVDクレジットカードウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて

Search

Links