「高校と県内企業の連携ネットワーク強化事業」による訪問

2017.11.29 Wednesday 施設見学

11月17日(金)、中南地区の高校教員と保護者の全8名様による施設見学が行われました。

介護老人保健施設サンタハウス弘前(以下老健)の見学と懇談を行いました。

 

「高校と県内企業の連携ネットワーク強化事業」(中南地区プログラム)とは、青森県教育委員会が主催する取組みで、県内企業と高等学校の交流を深めるためのものです。進路指導教員、生徒、保護者等と、人材の採用育成に積極的な企業との交流を通じて、企業と高校が双方の現状を把握し、進路指導の質を向上させ、職種や企業風土とのミスマッチを減らすために行うものです。

※画像はプライバシーに配慮して一部モザイクをかけております。

老健見学

介護制度のしくみを交えながら施設の概要、職員構成などご説明。

介護、看護、事務など、職員によって服装も違うので、そのご質問もありました。

リフト浴見学

老健内のリフト浴や居室など一通りご案内。ユニットケア(自宅に近い環境で共同生活をしながら、利用者様一人ひとりのライフスタイルを尊重し、個別にサポートする)という介護手法のため、入浴時には基本的に利用者様一人につき職員一人が介助につきます。

職員勤務状況一覧表

職員の勤務状況に関心をお持ちのご様子で、しばし立ち止まって質問も出ておりました。

専門棟見学

認知症専門棟もご覧頂いた上で、後半の懇談へ。

施設概要説明

懇談では、弘前豊徳会の法人概要と事業内容をご説明の後、質疑応答の時間を設けさせて頂きました。

 

Q.職員は女性が多いですか?

A.法人全体の四割は男性です。介護職員に限定すると女性が多くなります。

 

Q.介護を志望する生徒は比較的穏やかな性格の子が多いのですが、現場で求められる資質は?

A.性格は様々でいいと思いますが、仕事上叱られたり落ち込んだりする事もある中で、引きずらずに仕事が出来ることが重要ですね。コミュニケーションが重要な仕事なので、どんな状況でも人間関係を円滑に進められる方が望ましいです。

 

サンタハウス弘前では、働きながら実務者研修や准看護師の資格を取得する支援に取り組んでおります。

介護職員から看護職員に転換する場合の質問も頂きました。

 

Q.入職する時に看護学校の申込をさせた方がいいのか、入って介護を経験してから申込させた方がいいのか?

A.様々だと思いますが、どちらの場合も支援いたします。入学後は半日は仕事、残りの半日は授業というスケジュールで両立して頂きます。入職前の受験で残念ながら落ちた場合でも、介護職で働きながら、次年度受験していただくことも可能です。

 

高卒で入職する方も多いので、興味を持って見学して頂きました。次回はぜひ生徒さんの見学もお待ちしております!

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

カウンター

無料カウンター
無料アクセスカウンター
アクセスカウンター
有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
at-counter.net
無修正DVDクレジットカードウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて

Search

Links