研修★「メンタルヘルス研修〜パワーハラスメント〜」

2016.11.10 Thursday セミナー・研修

11月9日(水)、パワーハラスメントに関する研修が行われました。
講師は第二地域包括支援センターの福原智子さんです。
福原智子氏
職場で一番多いストレスは、人間関係だそうです。
「人間関係さえ良ければ人は大抵のことに耐えられます」と福原さんはおっしゃいます。

ハラスメントとはどのようなことでしょう?
遅刻を注意するなどは業務上の指導であり、ハラスメントとはいえません。
職場環境・人間関係が悪化する言動がハラスメントです。

本題のパワハラと判断される事例は、攻撃・否定・強要・妨害などです。
攻撃(机をたたく、書類をなげつけるなど)否定(人格否定や相談の拒絶など)に関しては、一回だけではハラスメントとは認められません。何度もあるとこれはハラスメントとなります。
一方、強要(残業の強要など)や妨害(業務上必要な情報を与えないなど)は、たった1回でもパワハラと認められます。

ハラスメントは上司から部下だけでなく、同僚から同僚へ、後輩から先輩へ行うパターンもあります。
自分も加害者になるかもしれないので、言動にはお互いに気をつけなければいけませんね。
参加者
さて、ハラスメントは放置するとエスカレートしていきます。
「指導料を払え」など金品を要求する犯罪へ発展してしまった例もあるそうです。
福原さんはハラスメントの予防についても教えてくださいました。
「まずは自分が健康で、幸せであること」
  • 食べ物がおいしい
  • カゼをひかない
  • 昼働ける
  • 夜よく眠れる
  • 毎日が楽しい
この5つができる人は、多少メタボでも高血圧でも、大丈夫なんだそうです。

「そして、ストレスは上手に解消しましょう」
ストレス解消のコツは
 1 疲れをためこまない   2 ストレス要因から離れる   3 食事の時間を楽しむ   4 共感してくれる人に話をする 
パワハラを受けないコツは、良好な人間関係を築き、まめに報告・相談すること、自己流に固執しない(柔軟になる)こと、言いたいことをきちんと伝えること、などです。
もしパワハラを受けたら、一人で抱え込まないことが大切です。
「話す」ことは「手放す」ことになるそうです。我慢強い人ほど抱え込む傾向にあります。
話を聞いた人は、「そうか、大変だったね」など共感する言葉をかけ、否定せず聞く姿勢でいましょう。

ストレスの解消とハラスメントのない風通しの良い職場環境には深い関連がありました。
福原さん、ありがとうございました。

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

カウンター

無料カウンター
無料アクセスカウンター
アクセスカウンター
有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
at-counter.net
無修正DVDクレジットカードウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて

Search

Links