★感染症対策研修★花王

2016.06.01 Wednesday セミナー・研修

5月31日(火)、感染症対策研修「介護・医療施設における感染対策」が開かれました。
サンタハウス弘前の各事業所から、約70名の職員が参加しました。

講師は、花王プロフェッショナル・サービス株式会社より、学術部・学術情報グループ
感染管理認定看護師の印田宏子様。感染に関する研究を多数されている先生です。
印田宏子氏
感染予防の基本は「持ち込まない、持ち出さない、広げない」ことです。重要な対策は、
普段から行う標準予防策と、
感染が疑われた時に加えて行う感染経路別予防策の2段階の予防策をとります。

標準予防策とは…
血液、体液、分泌液、排泄物、傷のある皮膚、粘膜には病原性微生物が存在しているかもしれない、全て感染源があるかもしれない、と考えて行う対策です。
手指衛生から始まり、手袋・マスクなどの防護具をつけるなど普段行っている予防になります。


手指衛生といえば、手洗いです。
感染経路のほとんどがこの手洗いで遮断できます。
毎日のことなのでわかりきっていることですが、何度も確認しましょう。
手順にも意味があります。
流水で手をぬらす→洗浄剤をあわだて15秒以上こする→流水で十分にすすぐ→ペーパータオルで叩くように拭きとる。
ぬらすまえに石けんを手に取る人がいますが、これは良くないです。
水でぬらすことで隠れていた菌がうきあがってくるからです。これをしっかり洗い流す必要があります。
また、水だけの手洗いは、ぬらすことでうきあがってきた菌がその後増殖するので、かえって良くないことがわかります。

手洗いの後は擦式アルコールを手に擦り込みます。
入居者様の介助をしている最中に頻繁に手洗いはできませんので、擦式アルコールの場面が大変多いことに気が付くと思います。
花王製品には水溶性・ジェル式のアルコール製剤がありますので、その場面に適した使いやすいものを利用します。

手のケアも勧められました。
バリア機能が低下しているとそこに感染してしまうため、手荒れ予防も大切な予防策です。
擦式アルコール製剤の隣にハンドローションを置いてある施設もあるそうですよ。
職員約70名参加
そのほか、環境整備としてよく触れる所は一日に何度もふき取ることがあげられました。
消毒してもすぐに菌が元の数に戻ってしまうというグラフは、個人的にちょっと衝撃的でした。日頃のお掃除は本当に大切ですね〜…
手洗いや菌の広がる様子を現わした動画なども見ることができ、わかりやすく予防策について教えていただきました。
リスクの高い職場ですので、入居者様を守るということは自分の健康を守ることでもあります。
日常の感染対策を行うことで、流行に備えましょう!

印田様、ありがとうございました。

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

カウンター

無料カウンター
無料アクセスカウンター
アクセスカウンター
有料アダルト動画月額アダルト動画裏DVD美人フェラポルノ動画フェラ動画美人フェラ無修正アダルト動画フェラチオ動画無修正フェラ高画質アダルト動画無修正フェラ動画アダルト動画無修正アニメ動画海外アダルト動画
at-counter.net
無修正DVDクレジットカードウォーターサーバーアダルトグッズランジェリー無修正盗撮動画AV女優名教えて

Search

Links